せめて、色の力

2009/04/29
2009042915294812910.jpg


新聞というものは情報の明暗偏りがなく
バランスのよい読み物だと思うのだが
紙面大半がモノクロのせいか
暗いニュースの方が目立ってしまう。

オールカラーにならないものか。。。

テレビがカラーになってずいぶんたつのに何故新聞は
オールカラーにならないのだ。

世情や内容うんぬんよりもそこが私としては気になるところ☆
いつの世も世情に明暗があるのは心得ている。

明るい情報も載っているのにモノクロのせいで
「地獄情報誌」のように感じてしまう。

インク代以外にも理由があってのことなのか。

新聞を読んだ後のあの悲しい読後感はいつになったら
無くなるのだろう。
辛過ぎる。

とりあえずカラーにしてもらいたい。2009042915402315927.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

素晴らしき大掃除♪

2009/04/27
2009042717374032560.jpg


最近もっぱら自宅の大掃除をしています。


外的なペースが思うようにいかない
天中殺の時期は内的な変化には
もってこいの期間。

気がつけば6時間程休まずに掃除を
続けていました。

恋愛運も仕事運も心身ともに健康運も、すべてスッキリとした空間に
入ってくるもの。

かなりの大掃除だったけどとても楽しかった♪

楽しく気持ちが良い上に、以前とめることができなくなっていた
スーツの前ボタンを今朝は余裕でとめることに成功しました。
掃除って、ダイエット効果もあるんだ!!

去年は掃除も「メンドクサイ」と思うほど生きるためのテンションが
下がっていたのだな。
本ばかり読んでましたよ、片付かない部屋で☆(風水上いけないと
知っていながら)

もう自分を「片付けられない女」なんて思わない!!
こんなに掃除の楽しさを知ってしまった♪

今までの私よさようなら♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

卵の中で修行中

2009/04/18
2009041819090626881.jpg

現在、卵の中で修行中。。。

こんな時はいつも鞄に聖書のように
何故か「トーマの心臓」を。
萩尾作品は他は知らない。
この「トーマの心臓」だけ。
心に響く。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

オパールの箱庭 祈りをこめて

2009/04/14
2009041418104710271.jpg2009041418111325265.jpg



オパールの原石で箱庭を
つくった。

祈りをこめて♪






先日電車に乗っていたら外国人の青年が
おばあちゃんに席を譲っていた。

マイケル君だかジョニー君だかスミス君だか
知らないが素晴らし!!

感心した私は
最近常に持ち歩いている飴菓子、セイカ食品の「兵六餅」を
「ジャパニーズキャンディー♪」とか言って思わず
差し出したくなったがこれでは「ぼうやえらいなぁ!
おばちゃんが飴ちゃんあげようね。」みたいなので恥ずかしくてやめた☆

道徳を愛してやまない私は毎日誰かの行いに勝手に感心しまくっている。
今朝は母と市役所へ行って母が鞄を置き忘れそうになっていたのを
おっちゃんが親切に教えてくれて感動した。

人間ってステキだ!2009041418335925617.jpg  私も徳を積んでいこう♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

学びの気持ち

2009/04/11
200904111706475022.jpg




これ何だかわかりますか?

桶と杓文字なんですねぇ。

京都のとある店先にて。


飾ってあるのではなく、日光干しているのです。
なんだかアートでステキでしょ?

京都人は毎日を丁寧に暮らしておられる方が多いように思います。
日常の風景からそれが伝わってきますね。
見習いたいと思いました♪

自分の内も外も楽しく観察することが今とても大切にしていることです。

「姿勢が悪いよ」→「はいっ。気をつけます!」
「そのままのあなたが良いね」→「ありがとうございます♪」

間違ったら「ごめんなさい」
誉められたら「ふふふのふ」

謙虚に、素直に、大胆に。

小さな事柄、大きな事柄。 嫌な気持ち、良い気持ち。
楽しくないこと、楽しいこと。

どんなことからも「何か」を学ぶ毎日にしています♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

春なのに!(怖い人はみないでネ♪)

2009/04/09

2009040916331916257.jpg2009040916351116261.jpg2009040916353017320.jpg











八坂神社境内にて。。。

仕事帰り円山公園の枝垂れ桜を観て帰ろうとして。。。

見てしまっただよ!! おばけ。

春なのに。。。この強引さと遊び心がステキです♪

このお化け屋敷、カップルのお客さんがけっこう入っていましたよ。
可愛いおねえさんが入口で「どうですか〜?お化け屋敷どうですか〜?」
って花見客に声をかけていました。
「どうですか」と言われてもねぇ(笑)

私は一人だったし入らなかったけど、ちょっと中が気になるところ(笑)
どんなんだろう?

京都は年中どこかでお祭りがある感じが幼いころから大好きでした。
よく父に連れられて金魚すくいとかしたものです。
(となりの鯉つりを勧められて閉口した記憶が。
どこで飼えというんだよぉ!!)

桜の時期ももうすぐ終わり。。。ついこのあいだまで雪がチラついて
いたかと思えば季節の廻りははやいですねぇ。。。

本物のおばけと稲川淳二の季節がまたやってくるのか。。。
楽しいなぁ。

秋になって焦んないように今からがんばらなくっちゃ☆


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

みんな孤独に闘っている

2009/04/08
2009040815311718403.jpg


先行き不安な時代と言われているけれど
先行き不安じゃなかった時代なんてないですよ。
きっと。

私はバブルはやや世代がズレて知りませんが
そんなに長く続いてないんでしょう?あれ。


無益な戦争がないだけ感謝したいです。
たまに「世界はもう一度戦争でもしてやり直さなければ!」
とか言う人もいるけど、とんでもないっすよ☆
(原爆で焼け爛れてみればそんなこと思えないはず。
「はだしのゲン」を読んでみてよ。)

それは自分との闘いが孤独で耐えられないから誰かと
苦しみを共有したいだけでしょう。

たしかに現代日本は自分との戦いに勝利したものだけが生き残る、
そんな個人の時代。
苦しみや不安や怒りを他人と共有できにくいだけに戦時中より
孤独な人が多いかも知れない。私も含めて。

それでも無益な殺戮が目の前で繰り広げられないだけ幸せだ。
自分との闘いには無駄死になんてないですからね。
負けて元々勝てば幸せ♪

孤独で耐えられないときは音楽を聴こう。本を読もう。映画を観よう。
あなたを救う言葉を聞こう。
愛する人を探しに出かけよう。。。


そして元気と勇気をもらえたなら、また自分と闘おう!

              あなただけじゃないからね♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

幸せに生きるためには微調整を怠らない

2009/04/07
何かにつけて「過ぎる」はよくないようです☆
「優し過ぎる」「キツ過ぎる」「せっかち過ぎる」「のんびり過ぎる」。。。

特に「優し過ぎる」方は御注意を。相手を知らないうちに甘やかしてしまい、
後で御自分が悲しい目に遭う、ということがあまりに多いように思います。

お金、浮気、割に合わない事柄。。。

心の微調整のテクニックは複雑なようで実は簡単です。
「あれ?」と素直に感じること。
それを何らかの表情で相手に伝えることです。

私は小学生の時、その重要性を痛感いたしました。
友達の一人に元気でわがままな子がいて、彼女を好きな故、
優しく甘やかし過ぎている自分に「ああ、こりゃ、いかん」と気づき、
私の意思も伝えていくように心がけました。
小4まで手こずりましたが小5、6で彼女とお互いに上手く
つき合えるようになりましたね。
微調整を心がけなかったら彼女とはきっと悲しい思い出しか作れなかったと思います。

相手を変えることは難しい。できません。
だから自分が考えるんです。どうしたらもっと上手くいくのかなと。
ひたすら我慢をすることは微調整でもなんでもないし、
自分にも相手にも良くありません。
「我慢」という字はあまり良くないでしょう?
国語辞典には〔もと仏教用語で、自らを高しとする念が全面に出る意〕
とあります。
つまり「我慢してやってる」みたいな。

「我慢」して後で文句を言うくらいなら「我慢」などしないことです。
意思の伝達は相手を傷つけないでできる方法もあるはずです。

心当たりのある人は「微調整」が大切です☆

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

感性という資源

2009/04/06
200904061608371216.jpg200904061608561321.jpg
帰宅途中、撮影。

仕事帰りっすよコレ。

どこの世界だよこれは。
日本だよ☆京都だよ☆

こんなに美しい景色。。。
なんか別の世界に連れて
行かれそうだよ☆

花の美しさを楽しめるうちは人間、大丈夫な気がするねぇ。
でも感性が冬眠してしまう時だってありますわな。人間だもの。

今年の私は大丈夫だ。 そう思った。

これと言った夢もなくて、自信もなくて、(ついでに希望もなかったよ)
なのに何かを探し求め歩いていた十代の頃を思い出した。

この美しい国の若者たちに恥じないよう
感性を失いたくない。

      

       感性という資源があれば、どんな時代でも大丈夫だよ。

             その使用法は宿命が教えてくれる♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今日という大切さ

2009/04/05
200904051850109595.jpg200904051857569626.jpg


ああ 人生で何回目の春
だろうか♪

いやちゃんと数えられますよ。
年齢がバレるじゃありませんか(笑)
隠してはいませんけど。
へへ。。。

京都はこの季節どこを歩いても花、花、花♪

同じ場所に花が咲く、咲いてくれる。嬉しいことです。
何かを何度でもチャレンジしたくなります。
この次はもっと上手くきれいに咲けるかな?

月日が経つから生きていける。未来に向けて。
同じことの繰り返しのように見えて毎日少しずつ成長する。
そしてある時いきなり視界が開けるように感じる日が誰にでも来る。
ほんとはいきなりではないのに。ちゃんと準備があるのに。

しっかり「今」を生きよう。
輝く「未来」は「今日」がつくるのだから。
誰も全ては運んで来てはくれない。
「今日」しか「未来」をつくってくれないのだから。

そう思うと「今」、「今日」、「今年」って愛おしい♪
たとえそれがまだ不完全だとしても♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


12件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  
BLOG MENU
検索窓
会社情報
ご予約はこちらから
メモ帳
最新のトラックバック
お問合せ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
最新情報