一秒後に♪

2012/03/28
201203282122045740.jpg
毎日朝日が昇っても

あなたの太陽が昇らなきゃ

意味ないね☆

あなたが元気でなきゃ、

あなたが楽しまなきゃ、

あなたが笑顔にならなけりゃ、

全てなんの意味もない。


真っすぐ行こうよ、そのままで。

今が不安でも  先が見えなくても  

失敗しても  恥ずかしくっても

とりあえず行こう♪


一秒後に笑ってごらんよ♪


2012032821351116049.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

もしかするとそれは

2012/03/27
2012032715091619386.jpg



あたたかくなってくると
若かった頃のいろいろを思い出す。

夏の真夜中に一人歩いた
田舎の国道、
車なんかめったに通らない、
2度ほどかけてきたヤンキーの
声もとどかない、

真っすぐ歩く、真っすぐ真っすぐ・・・

工場、コンビニ、交番、小さなセレモニーホール・・・

海・・・まだ見えない。

危ない目にあったら?
何にも怖くないの。
だってどーでもいいんだもん(苦笑)


これは“一人運試し”。
本当に未来の私は笑っているのか、どうか?


誰にでも「生きていて嬉しい」と思えない一瞬や時期がある。

そんな時はただ歩く、歩き続ける。

居場所が見つかるまで。

いろんな出会いがある。

人生とは不思議なもので一度良い出会いをすれば
その後も良い出会いは重なるものだ。

たくさん たくさん 

今はもう
私の絵から毒もなくなり、人生は楽しくなった。

人間を救えるのは 人間。

でも 
もしかするとその人たちは狄世気泙了箸き瓩世辰燭蠅靴討叩

・・・ヒェ〜・・・God!!!
2012032715115015959.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ある春の日

2012/03/25
2012032517122510744.jpg201203251713085667.jpg














インテリアのお店できこりのおじいさんに分けてもらったという丸太を
買ってきて日曜大工(木曜だったけど)☆
とは言ってもただアクリルラッカー塗装してクッションシール貼って、
回転台に乗せただけ(笑)

絵を描く時の椅子にイイかなと思って♪

じっさい丁度良い高さで座り心地も意外にバツグン!

しばらく、くるくるー くるくるー と回転しながら満足感に浸る・・・

不在時は観葉植物でものせておけばカワイイかもしれん♪

シンプル  ナチュラル  プリティー・・・
  2012032518063317674.jpg

爐茲韻い覆發里蓮,い蕕覆き

そう思った日。
                             

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

無題

2012/03/24
2012032415482612823.jpg


晴れた〜!♪

私の心も晴れた〜!♪

自然と精神はつながっているなぁ・・・

運の低迷する時も

ありがたくも運の良い時も

どちらも同じだけ好き。


前向きなのではない。

強がっている訳でもない。

もちろん人間ができている訳でもない。

ただ、ふてぶてしいだけ(笑)


と、言っている間にもう夕方☆

そして夜へ・・・

一日って短いや☆
  
2012032415560424060.jpg



                                   

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

朝抹茶

2012/03/09
2012030916442127178.jpg


最近は朝一番に
抹茶を立てて飲んでいます。
身体にすぅ〜っと朝の爽やかな
気と感謝の思いが入ってきます。

コーヒーや紅茶も美味しいけれど
抹茶はやはり特別な趣が・・・。
それは狒記瓩反爾ご悗錣蠅あるからでしょう。

牋貲佞涼罎鳳宙がある瓩修Υ兇犬気擦觴体呂里△覦み物。

お店で飲むのもいいのだろうけどやはり朝自分で立てたものを飲むのは
ほんとうに美味しい。手間がかかる分、水やお茶にたいしてありがたみも
増します。

狡抹茶瓩鮟慣にしてから抹茶味の飴とかちょっと食べたく
なくなっちゃった☆
「この加工食品め」って(笑)

でもまた食べだすんですよ、きっと。
飴は飴で美味しいもの♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

吉報届いて雨も止み♪

2012/03/06
201203061525152612.jpg


春なのに梅雨のように雨が
続いていた。やっと上がった♪
夏が待遠しい(だから春だと)

友人の小説が本になった♪
新潮社出版、猜厳櫃△佑發有瓩琉貳屬呂犬瓩砲修譴郎椶辰討い拭
タイトル、 爛▲瓮螢人とリセエンヌ瓠|者 山内マリコ。
昨日仕事を終え、雨に降られながらフラフラ〜っと帰宅したらこの
ステキな文庫本と手紙が届いていた。

嬉しい!!

実は今占いを仕事にできているのも彼女のおかげなのだ。
一生趣味でいくつもりだった。画家か何かになろうかと思っていた
(なれたらの話☆)

MIBIRDはす向かいの絵本雑貨カフェMijas Pittoo(ミハス ピトゥー)で
当時バイトをしていた彼女と出会ったのは偶然(今思えば必然だった
のかもしれない)
数年前、京都市美術館(別館)で絵を飾ってもらって(事務所正面の
ハトの絵)
何かいろいろ満足してしまった帰り、たまたまこのお店に立ち寄ったのが
はじまり・・・
その日は時間も遅くカフェは閉まっていたので革細工のキリンとゾウの
キーホルダーだけ買って店を後にした。

後日どうしても絵本カフェが気になって昼過ぎにお店に入り
「爐垢討な三にんぐみ瓩箸いΤ本は置いてますか?」とひとり
店内にいた彼女にたずねた。
以前からずっと気になっていた本だった。

「あ!確かあると思いますよ。良い本ですよね!!」とキレイな瞳を
輝かせて彼女は言った。
そしてくまなく店内を探してくれたのだけどどうやら先日売れてしまった
ようだった。

「あの絵本、大きいサイズと小さいサイズがあるんですよ。あ、洋書の方が
インテリアにもなるしオシャレかもです!!」とまたキレイな目を輝かせて
彼女は教えてくれた。

ただの狄得擇陛弘さん瓩箸楼磴Δ里一目でわかった。
光り輝いていた。一般に言うオーラとは違う。オーラどころか何もかもが
輝いていた。
いまだに彼女をどう表現してよいか適切な言葉は見つかっていない。
私の表現では土台力不足だ。
Mijasのオーナーも同じようなことを言っていたので私だけの勘違い
ではない。
当の本人はまったくその存在感を意識していないからよけいに魅力的だ☆

そんな彼女がなんとなく会話の流れにでた私の占いをおもしろいと
言ってくれた。
私は彼女が喜んでくれたことがただ嬉しかった。

私の占いは一般的なイメージのものとは違ってインパクトもなければ何か
面白いパフォーマンスがある訳でもない。
子どものころからオタク的に続けてきただけの個人的な、クセ的なもの、
将来だれかが喜んでくれるなんて思っても見なかった。
でも彼女は楽しそうにきいてくれた、瞳を輝かせて。

なので今の仕事があるのはこの三つ年下の彼女を口説きたい(笑)が
ために決意したようなものなのだ。 いや変な意味ではなく☆


そんな彼女が小説家になった。

やると思った(笑)

吉報とともに雨も止み、カラフルに幸せ気分♪

            彼女が生きているこの世界・・・最高!♪                         
                               201203062116036057.jpg

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

黒いのに、潔白

2012/03/02
2012030215113429433.jpg


今日は雨なので本を読んでいる。
サボっている訳では・・・ない
例によって小説を。
ジャンルは爛曠蕁湿説瓩蕕靴ぁ
たしかに黒い。
で、2009年にKADOKAWA BUNKOに
もらったこの黒い(色が)ブックカバーを☆
心なしか「真珠の耳飾りの少女」までが
こちらをにらんでいるような錯覚に・・・
そんなに怖い絵じゃないはずなんだけど☆

ホラー小説・・・そんなジャンルがあったのだな。
爛汽好撻鵐広瓩筬爛潺好謄蝓辞瓩靴ないと思っていた。
過去にそれとは知らず読んだものはあったろうけど。
はて?日本で最初に生まれたホラーってなんだろう?四谷怪談や
番町皿屋敷よりもっと前の・・・いや、そもそもこれらは牴談瓩澄

先ほど読み終えた。
クライマックス・・・不覚にも涙がこぼれた。
登場人物のありえない状況にたいする精神の極限・・・
非常識極まりない行動の中の人間らしい優しさ、潔白さ。

・・・なんという清々しさ。ホラーなのにホラーなのにホラーなのに・・・
ホラーでそんな感動とか・・・あったかなぁ?過去に?

結局作者の牴燭瓩大切なのだな、ジャンルではなく(あたりまえな話)

私は3回読んで3回感動しないと人に進めたりすることができない
無駄に慎重な一面がある。たぶん完璧主義なのだ(いびつなクセに)
ま、完璧なんてどこにもないと思うけどね。
そんなもんだから、人生、急進はしないが後悔もまた、少ない。

とりあえず、3回読んでみたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
検索窓
会社情報
ご予約はこちらから
メモ帳
最新のトラックバック
お問合せ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
最新情報