光の王国

2011/09/30
SA3A1886.jpgSA3A1887.jpg














幼いころ いつも異次元につながる道がありました。
大人になり日々を機械的にやり過ごしているうち
そんな道があったことも忘れてしまう。

・・・それで良いのでしょうか?
いや、 良いわけはない、
心は生きているのですから。

何も語らない人の思いやりを知った時、許された時、人間に生まれて
本当に良かった、そう思います。

神に祈るより先に、私たちはここでやるべきことがある。

人に与えていただいた優しい爛丱肇鶚瓩蓮△泙進未凌佑房蠹呂擦襪茲Δ法ΑΑ

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています


BLOG MENU
検索窓
会社情報
ご予約はこちらから
メモ帳
最新のトラックバック
お問合せ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
最新情報